(日本語) 大学院生3名,学部4年生1名の研究成果が国際会議で採択されました

GCEE2017 (10月24日-27日)

http://friede.elec.ryukoku.ac.jp/gcce/2017/index.html T. Yamaguchi, H. Sawano, N. Ishii, and Y. Suzuki: “A Proposal on a Sign Language CG Wiki”, Proc. of 2017 IEEE 6th Global Conf. on Consumer Electronics (GCCE 2017) (Oct. 2017, to be writtern)

KICSS2017 (11月9日-11日)

http://www.itolab.nitech.ac.jp/KICSS2017/ K. Ogiso, T. Nakano, H. Sawano, N. Oyake, M. Ueda, M. Uchi, Y. Suzuki, and N. Ishii: “A Proposal of a PAD Evaluation Tool for Programing Education”, The 12th Int’l Conf. on Knowledge, Information and Creativity Support System (Nov. 2017, to be written)

S. Shiga, H. Sawano, T. Matsukawa, S. Sakuma, N. Ishii, and Y. Suzuki: A Proposal of a Catheter Insertion Evaluation Method Based on Its Speed”, The 12th Int’l Conf. on Knowledge, Information and Creativity Support System (Nov. 2017, to be written)

R. Ijima, M. Hayashi, H. Sawano, S. Sumai, K. Haruta, M. Suwa, M. Nakamura, Y. Murayama, S. Higasiyama, T. Morishita, H. Suzumura, and N. Ishii: “A Study of a Nursing E-Learning System with of Exemplary and Own Operation Video”, The 12th Int’l Conf. on Knowledge, Information and Creativity Support System (Nov. 2017, to be written)

2015年12月25日に研究内容を展示しました

2015年12月25日に愛知県の自由が丘プラザにて, 地域貢献の一環として,研究内容の展示を行いました.

浅井美香, 伊神栞里, 澤野弘明: “アクアエフェクト”, ふれあいフェスティバル, 愛知県自由が丘 (2015-12-25)

志賀俊佑, 澤野弘明: “飛び出せチョウチョウ”, ふれあいフェスティバル, 愛知県自由が丘 (2015-12-25)

林友貴, 澤野弘明: “顔キャラクタ”, ふれあいフェスティバル, 愛知県自由が丘 (2015-12-25)

小山直紀, 澤野弘明: “Dream Board”, ふれあいフェスティバル, 愛知県自由が丘 (2015-12-25)

井嶋亮太, 澤野弘明: “エフェクトボーリング”, ふれあいフェスティバル, 愛知県自由が丘 (2015-12-25)

学部卒業生の赤津さんの研究成果が原著論文として採択されました

昨年度の卒業生,赤津舞子さんの研究成果が 教育システム情報学会で原著論文として採択されました.

看護学生の学習ツールAKaToolを提案し, 評価した内容です.

赤津舞子, 澤野弘明, 鈴木裕利, 石井成郎, 土屋健, 小柳惠一: “AKaTool (Associate Kango Tool): 看護教育のための関連図作成ツールの提案と評価”, 教育システム情報学会論文誌, Vol. 33, No. 1 (2016-1, 印刷中)