GAYAITが科学館に展示

http://www.ncsm.city.nagoya.jp/visit/attraction/event/2012/post_135.html

 

「デジタルタイムカプセル」は、新館整備前の科学館の様子や来館者へのインタビュー映像等の過去の記録をデジタル映像化し、見学者が関心のある映像を選択して視聴することができる展示です。

 

このたび、「デジタルタイムカプセル」の内容を一部更新し、名古屋出身の映画監督である堤幸彦氏の発案によるGAYAIT(ガヤイット)システムを導入し ます。このシステムは、ばらばらに話す約50名分の映像をモニターに同時に表示し、見学者の操作により1人の話を映像・音声的に浮かび上がらせることがで きるものです。

 

内容を更新した「デジタルタイムカプセル」は、平成24年6月26日(火)からご利用いただけます。利用開始にあたり、堤幸彦監督と愛知工業大学水野慎士准教授による説明会を次のとおり実施します。

 

(日時)平成24年6月26日(火)10:00~11:00

(会場)科学館天文館5階展示室

(対象)科学館入館者